お知らせ
「こじましっているか」は移転しました

URL:http://blog.livedoor.jp/kojimashitteiruka/
RSS:http://blog.livedoor.jp/kojimashitteiruka/index.rdf

ブックマーク、RSSの変更をお願いします


2015/7/19

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この辞世の句壮絶杉ワロタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
entry_img_417.jpg

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1423738191/


1 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:49:51 ID:W2o
吉野山 風に乱るる紅葉葉は わが打つ太刀の 血煙と見よ


2 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:50:26 ID:7l8
くそかっこいい


3 :寒気◆OIlmdPtTBg :2015/02/12(木)19:50:39 ID:knR
カッコいい


30 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:11:16 ID:jK5
>>1
吉村虎太郎だっけか


4 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:51:42 ID:W2o
今はただ 恨みはあらず もろ人の 命に代わる この身となれば
悲しすぎワロタァ…

※別所長治


5 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:52:43 ID:W2o
>>4の妻の辞世の句
もろともに きえはつるこそ うれしけれ おくれさきだつならいなるよを
泣けてくるワロタァ…

※夫婦とはいえ、遅れ、先立つのが世の常なのに、こうしてあ なたと一緒にあの世に旅立つのが嬉しい


6 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:54:03 ID:pAo
天誅組の奴か
俺は足利義輝の

五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで

が好き。かっこよすぎる


73 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)21:42:02 ID:eUv
露と落ち 露と消えにし 我が身かな 
みやこのことは 夢のまた夢

大部分……盗作 バロン森

※豊臣秀吉


7 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:54:34 ID:i7l
覚悟を感じるな

   ,:':,...,:':,
  ,:' ;ω; ':,
  ;:     :;
  ゛'ー---‐'""


8 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:54:37 ID:W2o
五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで
クッソかっこよすぎクソワロタ


9 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:57:05 ID:W2o
門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし
女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む
なんかよくわからんがワロタ

※一休宗純
人生を旅に例えたとき、正月に立てる門松は、旅の道程の一里塚のようなもの。門松を立てるということは、ひとつ年を取るということであり、人生という旅が、また少し終わりに近づいたということでもあるのだよ。正月はめでたいと言うけれど、裏を返せば一歩死(冥途=あの世)に近づく日でもあり、めでたくない日でもあるのだよ。


10 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:57:53 ID:pAo
蒲生氏郷の

限りあれば 吹かねど花は 散るものを 心短き 春の山風

若くして病に倒れる無念さがにじみ出ていて良い

※蒲生氏郷
風など吹かなくても、花の一生には限りがあるので、いつかは散ってしまうのです。それを春の山風は何故こんなに短気に花を散らしてしまうのですか。


11 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)19:58:39 ID:W2o
この世をばどりゃおいとまに線香の
煙とともに灰さようなら
なんか無情でワロタ

※十返舎一九
灰になってしまったらどんなエライ奴もつまんねーやつも一緒さね。 …ハイ、さようなら


12 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:00:33 ID:pAo
>>11
それ大好き
火薬の逸話とか十返舎一九の芸人根性はすごい


13 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:00:34 ID:MrS
「不如帰」
何て読むんだよ

※不如帰 → ホトトギス


15 :なおちゃん ◆fV3rF8SmTU :2015/02/12(木)20:00:40 ID:mgk
かっこいいけど悲しい(´・ω・`)


16 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:01:15 ID:6oU
「あっ・・・死にそう」ってなったとき
咄嗟にカッコいい句を読むスキルも考えてみれば半端ないよな
たん俺はその場面とかになってもなんも言えない


19 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:02:37 ID:pAo
>>16
普段から用意しておくんやで


24 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:07:17 ID:6oU
>>19
病死とか寿命はそうだけど
明らかに今戦って死にましたみたいなのも結構るじゃん
普段から茶釜で爆死とか家臣に裏切られて焼死とか想定して考えてないだろ


35 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:14:45 ID:pAo
>>24
だからいつ死んでもいいように普段から辞世の句を用意してるんじゃ
>>1の吉村虎太郎なんて明らかに戦前に用意してるし


18 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:02:34 ID:P0n
手をとりて 共に行きなば 迷はじよ
     いざ たどらまし 死出の山道


もしお時間があれば 調べてくださいませ。 泣ける物語がありますから。

※西郷爆布子


20 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:03:17 ID:W2o
今までは 人のことだと 思ふたに 俺が死ぬとは こいつはたまらん
馬鹿すぎワロタ

※大田南畝


21 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:05:10 ID:pAo
>>20
ワロタ


23 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:05:35 ID:P0n
個人的に最も好きなのは↓これですけどね。

 武士の 猛き心に くらぶれば
 数にも入らぬ 我が身ながらも

※中野竹子


25 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:07:19 ID:W2o
散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ
ただただ無情でワロタァ…

※細川ガラシャ


26 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:09:11 ID:W2o
なにを惜しみ なにを恨まん もとよりも このありさまの 定まれる身に
残酷杉ワロタァ…

※陶晴賢


27 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:09:44 ID:a81
吉田松陰の辞世の句なんだっけって調べてみたら
弟子宛と家族宛があるんだな

弟子宛
身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂


31 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:11:29 ID:a81
吉田松陰
家族宛
親思ふ 心にまさる 親心 けふのおとずれ 何ときくらん


29 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:10:28 ID:aa9
大ばくち
もとも子もなく
すってんてん

掛け金日本の博打打ち


32 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:12:33 ID:W2o
あら楽し思いは晴るる身は捨る 浮世の外にかかる雲なし
凄すぎワロリッシュwwww


33 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:13:44 ID:W2o
誘うとて 何かうらみん 時きては 嵐のほかに 花もこそ散れ
凄すぎワロタ

※大内義長
自分の人生がこうして終わるといっても何を恨むものだろうか。嵐が来なかったとしても、時がくればいずれ花は散るものなのだ。


34 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:14:05 ID:W2o
お前らもどんどん貼ってくれていいんだぜ????


36 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:16:53 ID:pAo
一番怨念がこもってるやつ

昔より 主をうつみの野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前

切腹させられる織田信孝


38 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:19:39 ID:mpx
散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ

ガラシャ

女でこの覚悟ってすげぇな


39 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:21:06 ID:W2o
>>38
なかなか凄い人だぜ
細川ガラシャは


41 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:25:23 ID:sIj
敷島の 大和心を 人問わば 朝日に匂ふ 山桜花

※本居宣長


43 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:26:26 ID:pAo
宗鑑はいづこへと人の問うならばちと用 ありてあの世へといえ

山崎宗鑑は十返舎一九に通じるものを感じる


45 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:28:50 ID:W2o
国の為重きつとめを果し得で 矢弾尽き果て散るぞ悲しき
これは結構好きなやつだ

※栗林忠道


46 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:30:32 ID:fz3
>>45
硫黄島の中将さんのかな?


48 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:31:20 ID:W2o
ながらえば ありづる程の 浮き世ぞと 思えば残る 言の葉もなし
これは言葉がでない

※20歳あまりの乞食女
長く生きているのならば辛くて苦しいというのが見ていて判る位あるという事を思うと残す言葉もありません


51 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:33:08 ID:mpx
>>48
これって若い乞食の女が自害したときのやつなんだっけか

えらい教養がありそうなもんだがどういう人だったのやら


54 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:35:11 ID:W2o
>>51
これの返しで
言の葉は 長し短し 身のほどを 思えば濡るる 袖の白妙
って詠まれてる


57 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:37:02 ID:fz3
>>51
なにこれいま調べた
この乞食の女に何があったんだろってロマンが湧く
没落貴族とかかな


50 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:32:27 ID:W2o
君がため 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄みわたる空
これもひたすらに悲しいな


55 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:35:15 ID:fz3
>>50
ググった
岡田以蔵か、かっこいいな


58 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:37:30 ID:W2o
>>55
馬鹿だから頑張ってそして見捨てられた男の生涯だよ


60 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:38:51 ID:fz3
>>58
なんか切ないな


61 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:40:36 ID:W2o
>>60
拷問受けて泣きわめいても情報を漏らさなかったけど
主君に毒薬を渡されて死ねと言われた時に心おれたんだよ


68 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:47:15 ID:mpx
いかにして 詠まれているか 存ぜぬが 笑って下さい 俺の死にザマ


70 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:55:17 ID:pAo
>>69
いや、私も司馬さんは好きですよ

浮世をば 今こそ渡れ 武士の 名を高松の 苔に残して

清水宗治 いかにも戦国武将的な無常感


71 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)21:16:24 ID:dGk
朝に道を聞かば
   夕に死すも可也


56 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:36:00 ID:mpx
我が生涯に一片の悔いなし

実際ここまで言えたら対したもんだわ


59 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:38:02 ID:fz3
>>56
あの物語の展開+このキメ
説得力ある
これを考えた武論尊すげえわ


62 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:41:07 ID:pAo
辞世の句じゃないけど古代ローマの墓碑銘

湯浴みと酒と女が長生きの敵であることはわかっている。だが、湯浴みと酒と女がない人生は人生でない。と思って、五十二歳まできたところでそれも終わった

昔読んだ本に屁の墓碑銘があったのですが検索しても引っかからない
「君は元老員でBooと産まれ そして静かに死んだ」
みたいなの知っている人いない?

 


65 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:43:58 ID:pAo
>>64
ローマのはそうです
「屁」の墓碑名は何の本か忘れてしまった


66 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:46:14 ID:W2o
>>65
申し訳ないけど俺じゃわからないね


67 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)20:47:13 ID:pAo
>>61
武市の毒説は司馬の創作じゃなかった?


75 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)22:46:57 ID:pAo
今更だけど>>6の天狗党は天誅組の間違いですた


77 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)23:02:18 ID:mpx
お前らはちゃんと用意してるか?


78 :名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)23:30:11 ID:ID0
辞世の句とは違うけど、
鎌倉幕府の三代将軍が暗殺される前、最後に御所を出るとき詠んだやつ

出ていなば 主なき宿と なりぬとも
軒端の梅よ 春を忘るな

この和歌で暗殺されることを予期してたんじゃないかと言われてるんだよね


79 :名無しさん@おーぷん :2015/02/13(金)00:32:08 ID:4v2
人生七十 力囲希咄
吾這寶剣 祖佛共殺
堤る我得具足の一太刀
今此時ぞ天に抛

千利休の辞世の句。大意は「うりゃあ!何もかもぶった斬って天に昇るぜ!」みたいな感じ


81 :名無しさん@おーぷん :2015/02/13(金)00:51:59 ID:hGS
雪霜に 色よく花の魁て 散りても後に 匂う梅が香

芹沢鴨


82 :名無しさん@おーぷん :2015/02/13(金)09:57:02 ID:WIE
>>79
利休物騒すぎイメージとちがう

関連記事

コメント

コメントの投稿

検索フォーム

Twitter

おーぷん2ちゃんねる

タグ

社会(246)
生活(224)
文化(186)
画像(162)
恐怖(111)
日本史(107)
科学(104)
歴史(101)
議論(98)
面白(93)
倫理(93)
世界史(84)
その他(82)
生物(76)
食べ物(64)
空想(57)
雑学(49)
オカルト(48)
漫画(48)
事件(46)
アニメ(43)
ゲーム(42)
宗教(42)
芸能(38)
昔の話(38)
政経(32)
スポーツ(32)
心身(28)
お金(28)
哲学(27)
工学(26)
数学(25)
文学(24)
軍事(24)
動物(23)
問題(18)
芸術(13)
企業(9)
音楽(9)
心理(8)
法律(7)
医学(7)
宇宙(6)
教育(6)
映画(6)
旅行(6)
健康(5)
地理(4)
名言(4)
地学(4)
昆虫(4)
政治(3)
物理(2)
経済(2)
国語(2)
物語(2)
動画(1)
デザイン(1)
ストーリー(1)
疑問(1)
学歴(1)
男女(1)

QRコード

QR

アクセスランキング


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。